MENU
ふるさと納税で日用品を貰えるって知ってますか(*'ω'*)

貯金が出来る人が実行しているたった2つのこと

2019 6/11
スポンサーリンク
PCの上にピンクの豚の貯金箱

貯金が出来る人は、収入が多いから出来るわけではありません。

収入が多くても貯金が出来ない人はたくさんいます。

収入が低くても貯金が出来る人がいます。

それはなぜだと思いますか?

貯金が出来ない人は、

そもそも貯金をしようとしていない、もしくは貯金の方法を知らない。

このどちらかの理由で貯金が出来ないことがほとんどなのです。

なので貯金が出来るようになりたい!と思った人は、収入を増やすことよりも、

貯金が出来る人がどうやって貯金をしているのか

その方法を知り、真似することで貯金が出来るようになります。

私は現在年間200万円以上の貯金をしています。

今年で6年目になるので貯金の額も1千万円を超えています。

食費を切り詰めて、欲しいものを我慢して貯めてきたわけではありません。

家族が出来、将来のことを考えるようになり、2つのことを実行して、貯金が出来るようになりました。

この方法は収入に関係なく、どんな方でも出来ますので

わかりやすく解説します。

すぎこ すぎこ

これであなたも「貯金が出来る人」になれる!!

2つのことそれは

収入と支出を明確にすること

身の丈に合った暮らしをすること

この2つが出来ている人は貯金が出来る人です。

この2つが出来ていない人は貯金が出来ていないはずです。

その理由について詳しく説明していきます。

まずは「収入と支出を明確にすること」の重要性についてです。

先に言っておきますが、私は家計簿はつけていません。

面倒くさいですし、必要性を感じていません。

収入と支出を明確にすること=家計簿をつけることではありません。

家計簿をつけなくても、貯金は出来るようになります。

すぎこ すぎこ

私は続かないので家計簿はつけない派です。つければお金が貯まるわけではないです。

スポンサーリンク
目次

貯金が出来る人は収入と支出を明確にしている

本からひらめく

これは決して家計簿をつけた方がいいとかそういうお話ではありません。

もっとシンプルです。

貯金をするためには

収入よりも支出が少ないことが大前提です。

そんなことわかってるよ、当たり前だよ、と思いましたか?

ですが「なんで」貯金が出来ないんだろう。

と悩んでいる方がいたら伝えてあげてください。

答えは

収入と支出が同額だから、ですよね。

お金があればあるだけ使っている。

だからできないんです。

貯金が出来る人は、この誰でもわかるような当たり前のこの大前提の重要さをわかっています。

貯金をするためには、収入よりも支出を減らす

これが大前提です。

あたり前のことかと思うかもしれませんが、これが出来ないから、お金が貯められないのです。

逆に言うとこれが出来るようになれば、貯金が出来るようになります。

これは本当に基本中の基本の考え方ですが、1番大切なことです。

貯金が出来る人は、この前提の大切さを理解できている人です。

この大前提を頭に入れて、次から読み進めてみてください。

貯金が出来る人が家計簿をつける目的

豚の置物と小銭と計算機

ちなみに私はつけてはいませんが、

貯金が出来ている人の中には、家計簿をつけている人が多いと思います。

家計簿はただつけているだけではただの入出金の記録簿にしかなりませんが、

つけることで得られる最大のメリットは、

収入と支出を把握出来ること。

自分がいくらもらっていて、何にどれくらい使っているのか

これらを把握することはとても大切なことだからです。

これらを把握することで、その先にある最も大切なこと、

自分が使えるお金がいくらなのか、ということを知ることが出来るからです。

つまり貯金が出来ない人というのは、

自分が使えるお金がいくらなのかを把握せずにお金を使ってしまっているので、貯金が出来ないのです。

自分が使えるお金がいくらなのかを知ることで、

次に説明するもうひとつの貯金が出来る人が実行していること、

身の丈に合った暮らし、が出来るようになるのです。

ではこの身の丈に合った暮らし、というものは具体的にどういうものなのか、解説していきます。

貯金が出来る人が実行している、身の丈に合った暮らしとは

冒頭で貯金が出来る人になるためには、収入は関係ないと言いましたが、これがこの章でお話しする「身の丈に合った暮らし」と大きく関係しています。

年収300万円でも、年収500万円でも、年収1千万円でも、貯金が出来る人は、自分の年収に見合った生活=身の丈に合った暮らしが出来ている、といえます。

年収が1千万円もあるのに貯金が出来ないは「身の丈に合ってない暮らし」をしているといえます。

私の身近な人に、これに当てはまる人がいるのですが、

さすが年収1千万。良い車に乗って、広いおうちに住んでいます。

ですが貯金が全然ないんですよ。毎月かつかつだそうです、、、。

すぎこ すぎこ

年収1千万でかつかつ、、、!?

貯金がなくてもいい、しなくてもいい人はそれでもいいのですが、

ここまで読んでくださっている方は貯金が出来る人になりたい方ですので、

次からこの「身の丈に合った暮らし」をするための具体的な方法について解説していきます。

身の丈に合った暮らしを知るための方法

私は家計簿をつけていませんが、毎月確実に貯金が出来ています。

それは使えるお金がいくらなのか、を把握して予算化しているからです。

自分は何にいくら使っていいのかを毎月予算化して、それを守っているだけで貯金は出来るようになります。

これをやらないからお金を使いすぎて、貯められないのです。

家計簿はつけなくてもいいですが、まずは現状を把握するために、以下のことを書き出してみてください。

固定費と変動費

家計における支出には、大きく分けて2種類あります。

①固定費

固定費とは、毎月決まった額で出ていくお金のこと。

代表的な項目はこちらです。

光熱費やガソリン代等は月によって変動があるかと思いますが、大体の金額で書き出して見てください。

固定費
  • 住宅ローンや家賃
  • 駐車場代
  • 水道光熱費
  • ガソリン代
  • 携帯電話等の通信費
  • 保険料
  • 習い事
  • 保育料や給食費
  • 新聞代
  • お小遣い

②変動費

変動費とは、毎月必ず発生するけど、金額が一定でないもの、使い方によって変動が大きいものです。

具体的な項目はこちら。

変動費
  • 食費
  • 外食費
  • 日用品
  • 医療費
  • 被服費
  • 趣味、娯楽費
  • 美容代

代表的なものを書き出しましたが、ご自身に当てはめてみて、まずは全部書き出して見てください。

書き出しましたか?

ここで変動費の金額がよく分からなかった方、

貯金が出来ない理由は、そこにあるのです。

貯金が出来ない人は使えるお金を把握していない

変動費を書き出そうと思ったら、よくわからなかった方がいると思います。

食費、日用品にいくら使えるのか、外食は月にいくらまでなのか、大好きな趣味やお洋服や美容院やネイルにいくらまでなら使っていいのか。

これが把握できないままに使ってしまうから、

使いすぎてしまう=身の丈に合っていない暮らし=貯金が出来ない

ということになってしまうのです。

自分の収入から固定費を引いてみて、残ったお金が変動費に当たります。

この変動費=使ってもいいお金を知り、その金額の範囲で、生活をやりくりすることでやっと、貯金が出来るようになります。

変動費の中には食費が入っています。「やりくり費」と呼ぶ方もいます。

そもそもこの変動費が自分でも驚くほど少なかった方は、次に説明する、固定費を見直すことが必要です。

固定費の見直しは、節約に大きな効果をもたらします。詳しくはこちらをご覧ください。

あわせて読みたい
固定費の節約で、家計を大幅に改善する方法
固定費の節約で、家計を大幅に改善する方法頑張らない節約が大好きなすぎ子です。節約は、我慢してお金を貯めることだと思っている人もいるようですが、違います。私は我慢は苦手ですが、貯金が大好きなので、貯...

節約効果の大きい固定費の見直し

自分で使えるお金である変動費があまりにも少なかった方は、固定費の見直しが必要です。

ここを見直すことで変動費=やりくり費が増える上に、固定費は1度見直すことでその効果がずっと続くので、無理なく家計を管理できるようになります。

家賃や住宅ローンの見直しは今すぐには難しい方が多いと思いますが、固定費の見直しで大きな効果が出る代表的なものとして、

  • 通信費
  • 保険料

の2点が挙げられます。

通信料の見直し

格安携帯にするか悩んでいる

今現在、私の携帯料金は月に1480円ですが、以前は7000円くらいでした。

ドコモからUQモバイルに変えただけです。

大手キャリアから格安携帯に変えただけで、夫婦で月に14000円かかっていた通信費が約3000円になり、月11000円、年間だと132000円の固定費削減になりました。

携帯料金がかかりすぎている方は、ぜひ見直しましょう。

2GBでなんと月々980円(税抜)~!【UQモバイル】

保険料の見直し

保険料の見直し

生命保険、医療保険、自動車保険等、保険大国といわれる日本では、ほとんどの方が何かしらの保険料を払っていますよね。

その保険、かけすぎてはいませんか?

補償内容をしっかりと理解していますか?

主人と結婚して初めて家計管理を任されたとき、主人の加入している保険を知って、驚きました。

そもそも主人が自分のかけている保険がどのようなものなのか理解していなかったことにも驚きましたが、その金額が、月に2万円だったのです。当時の私がかけていたのが県民共済のみで、月に2千円だったので、その額10倍です。

内容も不要なものが多いと思ったのですべて解約して、現在は医療保険と生命保険をかけていますが、医療保険は月に2500円程度、生命保険は貯蓄型のもので23000円程かけています。

今後も必要に応じて見直していくつもりです。

保険料に関しては、安ければいい、というものでは決してありません。

ですがもし補償内容等をあまり理解せずにかけすぎているのであれば、見直す余地は、大いにあると思います。

保険は苦手、、自分で調べるのはめんどくさい、という方はプロに相談するのもいいと思います。

保険見直しラボ

このように、固定費を見直すことで、変動費が増え、貯金が出来るようになったり、生活に余裕ができたりと家計改善に大きな効果があります。

一度見直してしまえばその効果はずっと続くので、ぜひやってみてください。

まとめ

貯金が出来る人が実行しているのは

  • 収入と支出をしっかりと把握して
  • 身の丈に合った暮らしをしている

この2点です。

この2つを実行すれば、収入に関係なく、どんな方でも貯金が出来る人になれます。

使えるお金があまりにも少ない方は、固定費である家賃が高すぎたり、めんどくさいからといっていつまでも高い携帯代金を払い続けていたり、不要なものにお金を使いすぎているのです。

貯金が出来ない体質を変えるには、考え方を変え、実行することが必要です。

この2つの考え方は、貯金体質になる第一歩の大切な考え方です。

最後まで「貯金が出来る人が実行しているたった2つの考え方」をお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

ブログ村のランキングに参加中です。応援よろしくお願いしますっ(*’ω’*)

この記事を書いた人

転妻(てんつま)こと、転勤族の妻すぎこです。

【経歴】30代、新潟県産まれ、千葉県育ち、九州在住。
専門学校→独学で国立大学に編入→休学してバンクーバーにワーホリ→大手証券会社→結婚→転妻→2児の母→専業主婦ブロガー

【これまでかじってきたこと】バスケット、サーフィン、バーテンダー、ダンス、DJ、英語など。

【性格】飽きっぽいが、行動力に長けている。食べ物も、人間も、好き嫌いは特になし。

【資格】AFP

【座右の銘】節約は、収入である。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる