MENU
ふるさと納税で日用品を貰えるって知ってますか(*'ω'*)

Kyashのリアルカードの使い方

2020 2/26
スポンサーリンク
Kyashのリアルカードの使い方

Kyashを知っていますか?

このカード、プリペイドカードなので誰でも審査なしに使うことができるカードなのですが、何がすごいかというと、

還元率が2%なんです。

1万円使ったら、200円の還元。

すぎこのアイコン画像すぎこ

こんな高還元のカード、なかなかありませんよね!!

年会費や発行手数料は無料です。

さらにすごいのが、このKyashリアルカードはチャージして使うのですが、

そのチャージに使ったクレジットカードにもポイントが付くので、例えば1%還元のクレジットカードでKyashカードに1万円チャージをして、Kyashカードで1万円を使った場合、

クレジットカードの還元ポイント1%(100円)+Kyashカードの2%還元(200円)で=3%(300円)の高還元が可能となります。

普段からクレジットカードを使っている方、このカード、使わないと損です。

この記事では、「そんなカード確かにあったらいいけど、使いづらいんじゃないの?プリペイドカードなんて使ったことないし・・・」

というように、Kyashカードに興味はあるけど、実際はどうなの?

と疑問を持っている方に向けて、Kyashリアルカードについてわかりやすく解説します!

スポンサーリンク
目次

Kyashリアルカードとは?

一言で言うと、Visaのプリペイドカードです。

アプリと連携してチャージをし、オンラインや実店舗で使えます。

私はこのカードを知るまで、普段から出来る限りクレジットカードを使っていたので、プリペイドカードってどうなの?と思ってなかなか手が出せずにいたのですが、

非常にもったいないことをしていました。

使うまで知らなかったのですが、このプリペイドカード、ほぼクレジットカードと同じように使えるんです。

事前登録しておけば実際の使い方はお店の方に「支払いはカードで」と言って渡すだけ。

すぎこのアイコン画像すぎこ

クレジットカードと同じなので、初めての時は拍子抜けしてしまいました。。。

なぜわざわざ「リアル」カードと呼ぶのか

ただのカードなので、「Kyashカード」と呼んでも良さそうですが、Kyashには、カードを発行しなくてもアプリだけで使える「バーチャルカード」と、申し込みをして実際にカードを作り、実店舗でも使える「リアルカード」があるため、区別するためにそう呼ぶんですね。

よく話題になる、LINEPayにも同じように「バーチャルカード」と「リアルカード」があります。

私はKyashリアルカードを発行する前に、LINEPayリアルカードを発行したことがあったので、この呼び方の仕組みを理解出来ました。

普段のお買い物にクレジットカードを使っている方は、ぜひこのKyashリアルカードを発行して、いつものお買い物の還元率に+2%の還元をつけちゃいましょう!

では実際にどうやって使うのかを次から解説します。

Kyashリアルカードの使い方

使い方は3ステップで、

①リアルカードを発行

②アプリと連携させて

③チャージして使う

という流れです。

Kyash公式サイトから申し込みが出来ます。

申し込みはほんとに簡単です。

Kyashリアルカードは、クレジットカードではなくプリペイドカードなので、審査もなく、誰でも発行できます。

Kyashリアルカードの発行の仕方

  1. 公式サイトから申し込み
  2. 郵送で手元に届く(普通郵便で届きます)
  3. アプリをダウンロードしてカード情報を入力

今すぐKyashを使いたい、という方は、オンライン決済で使えるバーチャルカードならすぐに発行できます。

Kyashバーチャルカードの発行の仕方

こちらは本当にあっという間に出来ます。1分です。

  1. アプリをダウンロード
  2. メールアドレスと電話番号を登録
  3. アプリ上でKyashバーチャルカードが発行される

という流れです。

まずアプリでバーチャルカードの登録をしてから以下の方法でリアルカードを発行する、という順番ももちろん可能です。

リアルカードの有効化方法(公式サイト)

バーチャルカードもリアルカードも、形は違えどカード情報は同一の、同じカードですが、この方法でリアルカードを発行すると、カード番号が変更になるため、バーチャルカードの番号をネットショッピング等で登録していた場合は、リアルカードの番号に変更してからでないと使えないので注意が必要です。

チャージの方法は4種類

Kyashのリアルカードの使い方

チャージの方法は4つあります。

  1. 登録カードでチャージ
  2. コンビニチャージ
  3. セブン銀行ATMチャージ
  4. 銀行ATM(ペイジー)チャージ

当然ながら、クレジットカードの還元も貰いつつ、Kyashの2%還元も貰うには1の登録カードでチャージしなくてはいけませんので、次にその方法について解説します。

Kyashリアルカードに手持ちのクレジットカードでチャージする方法

ここでのポイントは、

  • カードは5枚まで登録できる
  • 自動チャージと手動チャージがある

という2点です。

登録できるカードは

Visaかマスターブランドのクレジットカード、デビットカード5枚まで

登録されたカードは基本的には自動チャージされるのですが、事前に自分で金額を指定して手動でチャージも出来ます。

使い過ぎを防ぐためにも、事前にチャージして使うのがお勧めです。

Kyashのチャージにおすすめのクレジットカードについてはこちらをご覧ください。

また、Kyashはそもそも「個人間で無料で送金出来るアプリ」なので、他にも出来ることがあります。

Kyashで出来ること

Kyashのリアルカードの使い方
  • チャージ
  • 支払
  • 個人間の送金

どの機能を利用しても、手数料は一切かかりません。

アプリ上でお金を送りあえるので、本当に便利です。

こういった個人間での送金が浸透していくと、割り勘の時などにありがちな

「ごめん今細かいのなくて、、、」

「今度会った時でもいい?」

等の手間のかかるやり取りがなくなりますね。

さて、ここまで良いことばかり書いてきましたが、使う前に知っておきたい注意点もあるので次で説明します。

Kyashリアルカードには限度額がある

Kyashリアルカードは高還元の素晴らしいカードなのですが、

デメリットに感じることがあるとすれば、その利用に、上限金額があることです。

Kyashリアルカードの利用限度額

  • 24時間あたりの利用限度額は5万円以下(バーチャルカードは3万円以下)
  • 1回あたりの利用限度額は5万円以下(こちらもバーチャルカードは3万円以下)
  • 1か月間の利用限度額は12万円まで

合わせて覚えておきたいのが、

  • 有効期限は5年
  • 有効期限内の利用限度額は100万円

更新することで継続して利用は出来ます。

チャージも1回あたり5万円が上限となっています。

上記のことを踏まえると

Kyashリアルカードは

1回あたり5万円を超えるような高額なお買い物は出来ないので、そういう場合は違うカードを使い分ける必要がありますね。

以下の記事ではKyashの還元が対象外になる取引についてまとめてあります。

私のKyashリアルカードの使い方

私はKyashリアルカードは、食料品と日用品を買うときにしか使っていません。

4人家族で、食料品と日用品を合わせた1か月の予算は5万円なので、毎月1回、5万円をチャージして、それ以上は使わないようにしています。

家計のやりくりには、予算を決めることがとても重要です。

さらにKyashリアルカードを使うことで、同じ5万円を使うでも、

1%還元の楽天カードで5万円支払う→楽天ポイント500ポイント

1%還元の楽天カードでKyashに5万円チャージして、Kyashで5万円支払う→楽天ポイント500ポイント+Kyashの還元1000円分

がつくようになり、年間で12000円も得することになります。

支払うときも、店員さんに「カードで支払います」と伝えてカードを渡すだけ、とクレジットカードを使うときと全く同じです。

この使うだけで得するカード、ぜひ利用してみてください。

まとめ

還元率2%のKyashについて解説しました。

家計は予算内でのやりくりが重要ですが、Kyashで決まった金額をチャージして使うことで、予算管理も簡単に出来ます。

利用には上限がありますが、普段使うカードとしては、クレジットカードとのポイント2重取りが出来るので、上手に使うことで節約にもなります。

審査も不要ですので、ぜひ申し込んで、普段のお買いものを、少しでもお得にしましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

ブログ村のランキングに参加中です。応援よろしくお願いしますっ(*’ω’*)

この記事を書いた人

転妻(てんつま)こと、転勤族の妻すぎこです。

【経歴】30代、新潟県産まれ、千葉県育ち、九州在住。
専門学校→独学で国立大学に編入→休学してバンクーバーにワーホリ→大手証券会社→結婚→転妻→2児の母→専業主婦ブロガー

【これまでかじってきたこと】バスケット、サーフィン、バーテンダー、ダンス、DJ、英語など。

【性格】飽きっぽいが、行動力に長けている。食べ物も、人間も、好き嫌いは特になし。

【資格】AFP

【座右の銘】節約は、収入である。

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる