MENU
ふるさと納税で日用品を貰えるって知ってますか(*'ω'*)

今すぐできる冷蔵庫の使い方で電気代を半分にする5つの方法

2019 9/17
スポンサーリンク
今すぐできる冷蔵庫の使い方で電気代を半分にする5つの方法

冷蔵庫の電気代が、実は家庭における電気使用量のトップだということを知っていますか?

冷蔵庫は年中つけっぱなしなので、使用電力が最も大きい家電なんです。

光熱費を節約したいと思ったら、一番効果が高いのは

家の中でどこが一番電気を使っているのかを知って、そこをテコ入れすることが

ちまちまと電気のスイッチをつけたり消したりするよりもずっと節約効果が大きいです!

ジン君のアイコン画像ジン君

そのほうが効果も大きいし、ストレスもないぞ!!

そこで今回の記事では

  • おうちの中で電気の消費量が大きいのはどこなの?
  • 冷蔵庫の電気代ってどのくらい?
  • 冷蔵庫の電気代の節約技を知りたい!!

そんな疑問に答えて、冷蔵庫の電気代をおさえる効果的な節約技をご紹介します!

特に10年以上前のモデルを使っている方は、最新の冷蔵庫に買い替えるだけで年間1万円以上も節約出来たり、買い替えしなくても使い方次第で年間4510円以上も節約できます。

それではさっそくいってみましょう!!

スポンサーリンク
目次

冷蔵庫の電気代は家庭内の電気使用量トップ

冒頭でお伝えした通り、冷蔵庫は年中つけっぱなしの家電のため、使用電力が最も大きい家電なのです。

平均的な家庭の電力消費の内訳は以下の通り

今すぐできる冷蔵庫の使い方で電気代を半分にする5つの方法
経済産業省 資源エネルギー庁HPより

上記の図からわかるように、おうちの電気消費量トップ4は

トップは冷蔵庫
2位は照明器具
3位はテレビ
4位はエアコン

となっています。

もちろん使用している家電によって異なることは大前提としても、

この消費電力の多い4つの項目だけで、

家庭における電気代の4割を占めているわけですから、

この項目を見直すことは節約効果が大きいということが言えますよね。

では実際のところ、冷蔵庫の電気代ってどのくらいかかっていると思いますか?

10年以上前の冷蔵庫と最新の冷蔵庫ではその電気代が全然違います。

次はその部分について解説していきますね。

冷蔵庫の電気代はより新しく、より大きいものの方が節約できる

今すぐできる冷蔵庫の使い方で電気代を半分にする5つの方法
購入の際は統一省エネラベルをチェック!

最新の冷蔵庫に買い替えると電気代が半分になる、、、!?

省エネ技術は日々進化しています。

ですから新しい冷蔵庫になればなるほどその省エネ性能もアップしているのは当然です。

ではどのくらい差が出ると思いますか?

こちらの冷蔵庫(我が家のですが、、、!!)で比較してみます。

今すぐできる冷蔵庫の使い方で電気代を半分にする5つの方法

2010年製の370ℓの三菱の冷蔵庫です。

こちらは結婚当初に購入したものです。今では当時と比べて家族も増え、趣味も変わりまして。

すぎこのアイコン画像すぎこ

今すぐに買い替えたいんだ、、、!!!!!

年間の電気代は、【しんきゅうさん】というサイトで調べることができます。

ジン君のアイコン画像ジン君

このサイト、家電の買い替えの検討の際に、めっちゃ参考になるよ!!

私が今最も欲しい、冷蔵庫で比較してみると

今すぐできる冷蔵庫の使い方で電気代を半分にする5つの方法
真空チルド R-XG51J(XW) [クリスタルホワイト]
すぎこのアイコン画像すぎこ

これ、欲しいの。

結果がこちら

今すぐできる冷蔵庫の使い方で電気代を半分にする5つの方法

ちょっと小さくてわかりにくいかもしれませんが

なんと年間6880円も電気代の節約になるんです!!

ジン君のアイコン画像ジン君

半分になるんだ、、、!!

このように古い冷蔵庫を買い替えるだけで、年間の電気代が2分の1になってしまいました!!

とはいえ我が家の冷蔵庫はそれでも9年目です。

10年とか、15年とか、もしかしたら20年とか、、、!!

そういった方は1万円以上電気代が変わってきます。

【もったいないから】【壊れていないから】などの理由で古い家電を使い続けているほうが

よっぽどもったいないことをしているかもしれませんね。

電気代の他にも注目してほしい部分があるのですが、

370ℓの冷蔵庫から、505ℓの冷蔵庫の買い替えを検討している我が家ですが、

もちろん家族が増え、この先子供が大きくなることを想定して大きめのサイズの冷蔵庫に買い替えたいのですが、

実は冷蔵庫って、

サイズが大きいほど、電気代が安くなるって知っていましたか?

次はその点についてもご紹介します。

実は大型冷蔵庫の方が小型よりも電気代が安い

小型冷蔵庫はもちろん大型の冷蔵庫に比べて本体の価格は安いのですが、

容量が小さい冷蔵庫には最新機能が搭載されにくくなっていて、電気代は意外と高いんです。

今すぐできる冷蔵庫の使い方で電気代を半分にする5つの方法

上の表を見るとわかる通り、サイズが大きくなればなるほど冷蔵庫の電気代は安くなります。

小型冷蔵庫大型冷蔵庫
本体価格安い高い
最新技術搭載されていない搭載されている
省エネ性能低い高い
電気代高い安い
ジン君のアイコン画像ジン君

小さければいいってわけじゃなんだな!

すぎこのアイコン画像すぎこ

そうだね!大きい冷蔵庫なら庫内も余裕をもって入れられるし、いいことだらけだね!

とはいえ高額な家電である冷蔵庫。

節約になるとわかっていても今すぐ買い替えるのは難しいですよね。

そこで最後に買い替えなくても今すぐできる冷蔵庫の節約技をご紹介したいと思います。

今すぐできる冷蔵庫の電気代の節約ワザ5選

今すぐできる冷蔵庫の使い方で電気代を半分にする5つの方法
  • ものを詰め込みすぎない
    詰め込んだ場合と、半分の場合だと年間1180円の節約に!!
  • 無駄な開け閉めをしない
    開け閉めの回数を半分にするだけで年間280円の節約に!!
  • あけている時間は短く!!
    20秒と10秒では、年間160円節約できる!!
ジン君のアイコン画像ジン君

ハイ!すぐしめます!!!

  • 設定温度は【中】でいい
    【強】から【中】にするだけで、年間1670円の節約!!
  • 冷蔵庫の設置は【隙間が大事!!】左右も上も裏側も数センチあけること
    接してる場合と、離している場合では、年間1220円の節約!!

5つ全部実行するだけで、年間4510円も節約できます!!

すぎこのアイコン画像すぎこ

習慣にしちゃおう!!

最後に冷蔵庫の電気代まとめます。

冷蔵庫の電気代まとめ

  • 冷蔵庫の電気代は家庭における電気使用量のトップ
  • こまごましたものよりも見直すことで大きな節約効果が見込める
  • 省エネの技術は日々進化しているので、10年前の冷蔵庫と最新の冷蔵庫では電気代が半分になることも
  • 小型のものよりも、大型冷蔵庫の方が最新機能が搭載おり、庫内に余裕もできやすいため電気代が安い
  • とはいえ買い替えなくとも出来る節約術は今すぐやりましょう

皆様の節約生活のお役に立てれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

ブログ村のランキングに参加中です。応援よろしくお願いしますっ(*’ω’*)

この記事を書いた人

転妻(てんつま)こと、転勤族の妻すぎこです。

【経歴】30代、新潟県産まれ、千葉県育ち、九州在住。
専門学校→独学で国立大学に編入→休学してバンクーバーにワーホリ→大手証券会社→結婚→転妻→2児の母→専業主婦ブロガー

【これまでかじってきたこと】バスケット、サーフィン、バーテンダー、ダンス、DJ、英語など。

【性格】飽きっぽいが、行動力に長けている。食べ物も、人間も、好き嫌いは特になし。

【資格】AFP

【座右の銘】節約は、収入である。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる